革命的悪文日記

ネコに飼われている学生が悪文で色々書いています

エリア別コンビニの客層に関して

 年末から別店舗にも勤務するようになりまして、いろいろと気づきがあったのでつらつらと書いていきます。

 

 別店舗は出来て半年もない店舗なんですけれど、以前から勤務していた店舗からしたら非常に楽ですね。業務的な楽さがあるかどうかと聞かれれば日中の荷受け業務等が新店舗ではあるので楽ではないんですけれど、客の対応が非常に楽です。

 

ごりゃーときん「そちらのクーポンは当店ではご利用いただけません」
旧店舗「なんでよ! なんで使えないの!(しばらくごねる)」
新店舗「あらそうなの。じゃあこれで」
 旧店舗ではしばらくごねる。ごねても結果は変わらないのにごねる。

 

ご「そちらの商品現在切らしておりまして」
旧店舗「なんでよ! なんで無いの!」
新店舗「あ、そう。じゃあこっちで」
 上のクレームでもそうだが、「なんで?」と聞かれて理由を説明しても納得されることは決してない。新店舗では理由を説明したら納得してくださる“お客様”しかいない。

 

ご「ありがとうございました」
旧店舗「(無言で奪うように立ち去る)」
新店舗「ありがとねー」
 この一言で救われる感じがする。承認欲求が満たされる。

 

職業。
 栄誉の魅力というのは、それをどんなものと結びつけても、たとえ死とであっても、人がそれを好むほどに大きいものである。

パスカル, 前田陽一・由木康訳『パンセ』中央公論新社, p109(1973)

 と指摘されるほど職業において承認欲求は重要なものである。

ご「ほかのお客様と違う対応をするわけには…」
旧店舗「は? なんでよ」
新店舗「(そもそもそんなクレームが入らない)」
 旧店舗では特別扱いしてもらって値引きなどのサービスを受けようとする人がたまにいる。何度「お客様は神様だろ!」という言葉を聞いたことか。

 

ご「こちらのクレジットカードはご利用いただけません」
旧店舗「なんでよ!」
新店舗「あ、ごめん。利用期限切れていたわ~ごめんね~」
 おそらく限度額や支払いに遅延が生じていたりすると利用が止められる仕組みになっている(レジの情報からでは明確に判断されるものではないが)。新店舗のほうではそれは見たことがない。新店舗はクレジットカードや電子マネーによる支払いが多く、現金での売り上げは旧店舗のほうが20万円ほど高い。

 

 色々と要因を考えてみたんですけれど、新店舗の周りには古くからの地主さんが多く、地主さんが運営しているワンルームマンションも多かったりで生活が安定している人々や、移住してきた若い人が多いエリアになるんですよね。対して旧店舗の周りには生活保護者が多いエリアがあったりして収入がそれほど高くないエリアなんですよ。こういうところからモラールの違いが生じるんでしょうか。

 

 こんな話を広げたら新潮とか文春新書あたりから「移住先はコンビニで選べ」みたいな新書がありそうですよね。
第一章「コンビニからみる社会現象」の第二節「エリア収入におけるコンビニのモラールについて」みたいに解説がされてそう。だれか書いて。引用文献に入れて。

“A店で報告されたクレームでは店舗で対応不可能なクレームが目立つが、B店では店舗で対応不可能なクレームは一切ない(複数の店長から報告されているため、報告書の差はないとする)。調べてみるとA店周辺のエリアとB店周辺のエリアを比較した場合、B店のほうが収入が高く、犯罪発生率も低いということが分かった”みたいな感じの文章が入っていそうですよね。

 

 

 労働は業務だけではなく、その周辺の環境によって“やりがい”が変わってくるものでして、離職率の高い職場は仕事がキツく、尚且つそういう承認欲求を満たせない職場だと思うんですよね。せめてどちらかが満たすことができれば~~と思うんですけれど、求人広告に「やりがいがあって~~」とか掲載したらあっという間にブラックな求人広告に早変わりするので何か考える必要がありそうな気がします。

 

 

パンセ (中公文庫)

パンセ (中公文庫)

 

 

近代の労働観 (岩波新書)

近代の労働観 (岩波新書)

 

 

新年のご挨拶と一般参賀の憲法上の立ち位置について

 新年あけましておめでとうございます。
年内にもう一回更新と言っていましたが、結局できず年始に更新……今年もこんな感じで気が向いたときにゆるーくまったり続けていきたいと思います。

 

 今年は平成最後の年ということで、一般参賀に参列? 参加? してきました。
いやーすごい人でした。コミケ5日目と呼ばれるのも納得してしまうほどの人、人、人。
f:id:goryatokin:20190104201116j:plain

 あまりの人の多さに宮内庁も6回目を決定。しかしそれでも全員は難しいということで、両陛下のご意向によって7回目が行われました。

news.livedoor.com

 2日の一般参賀は午前と午後に合わせて5回、行われる予定でしたが、皇居の周辺には長蛇の列ができ、宮内庁は午後になって1回、追加しました。それでも、皇居に入りきれない人がいるのを知った両陛下が7回目を行うことを望まれたということです。

 自分は出足が遅く7回目になんとか入れたのですが、「両陛下が望まれたら一般参賀の回数を増やした」というのは憲法上どうなの!? と一瞬思ったので、自分のメモもかねて書いていきます。

 まず、疑問としては、憲法上は政治に関する権限を持たない皇族が、国の行政機関である宮内庁に働きかけて一般参賀の回数を慣例、規定以上に増やしたのは、行政機関の形式主義的な非人格性を侵すものなのではないか? という感じなのですが、いろいろ調べてみると、一般参賀は国事行為*1ではなく、皇族の公的行為であるため、国事行為のように内閣の助言と承認を必要とするものではなく、天皇の意向によって決定することが可能。しかし公的行為では天皇の象徴としての性格に反せず、責任は内閣が負い、憲法上の趣旨に沿うようにする。
 なので、天皇皇后両陛下が望むことで一般参賀の回数を増やしたのは憲法上問題はないというという感じでした。 

参考資料↓
天皇陛下の御活動の状況及び摂政等の過去の事例資料2

 

今年の一般参賀の様子

f:id:goryatokin:20190104201518j:plain

一般参賀 皇族

 柱に隠れてしまった……

f:id:goryatokin:20190104201549j:plain

長和殿

*1:天皇の行為は1.日本国憲法に定める「国事行為」 2.象徴としての地位に基づく公的な立場で行われる「公的行為」 3.それ以外の私的な活動を含む「その他の行為」に区分されている。

随分前に卒論が終わったので近況報告を

 ご無沙汰しております。ごりゃーときんです。
 半月ほど前に卒論が終わりました。
 はてなブログって怖いですね。先日「卒論提出と発表終わったー」ってTwitterで呟いたら「そろそろ更新しませんか?」なんてメールが届きました。はてなブログisテレスクリーン……

 終ったのは卒論だけでなく、消化器官の検査も終わりました。小腸検査、かなりつらかった……
 胃カメラもそれなりに苦しいのですが、胃カメラでは麻酔が使われて喉から入れるので気が付いたら終わっていたのに対し、小腸検査では飲み込む動作があるため麻酔は使えず、意識がハッキリとしたまま鼻からチューブを挿入されます。これがとにかく苦しい。気持ち悪いし涙が出るし痛いし苦しいという思い出すだけで逃げたくなるレベルのつらさです。
 そんな苦しい検査の甲斐あって、小腸は狭窄や閉塞、瘻孔のない無事な状態であると判明しました。これで自分の病症が大腸型クローン病であると確定。現段階では症状が比較的軽いため、脂質制限とペンタサ、ミヤBMという整腸剤の投薬によって治療を進めるということでしたが、油断は禁物だと釘は刺されました。

 それでも世間はクリスマス。チラシに書いてあるのはチキンにケーキetc…
世の中のご馳走は脂質が高すぎて食べれなぁぁぁいっ!!ハズキルーペ風)』

 『これで痩せる! 脂質制限ダイエット!』とか出したら低脂質の商品とかもっと開発されないですかね。
 ちなみに自分は入院前と比べて7キロ落ちました(先月比でマイナス2キロぐらい)。このままだと痩せすぎて無に帰ってしまうので筋トレします。半年後にはムキムキになる。

 もしかしたら年内にもう一回更新する…かも?

生きてます

もう2ヶ月くらい更新してないですね。更新止まったと思ったら死亡していた、なんて話をよく見るので、自分が死んでいない証に色々書こう書こうとは考えるんですけど、なんかこう病気のことを考えると書く気にもなかなかなれないですね。

今は症状的には安定している(というか激しい下痢とか痛みとかの自覚症状が一切ない)みたいなので、食事制限も緩めの「1日30gを目安に脂質量を摂取するように」くらいのものです。それでも結構キツイし体重は5キロ落ちてBMI的には低体重の域に突入しました。メンタルがキツイ。

そんなわけで卒論も進めず、中間試験にもそんなに力を入れず、アルバイトもせず現実逃避ばかりしています。そろそろ本腰入れないとマズイんだけどなぁ。

近況報告と病気について

 ご無沙汰しております。複雑痔瘻の根治手術をして地獄から帰ってきました。一か月更新しないとはてなブログからメール届くんですね。

 複雑痔瘻の根治手術ということで、おしりには今、シートンと呼ばれるゴム紐が埋め込まれています。身体の浅い部位に異物を埋め込むと自然治癒力で押し出そうとして痔瘻の穴が塞がるみたいです。人体の不思議。
 このシートン、付けている違和感もなかなかなのですが、結び目が肛門付近にあるので位置によっては刺さります。マジで痛い。マジ卍。例えるなら太い注射針が刺さった痛みが続く感じです。

 手術前に大腸検査も行いました。大腸全域に炎症が発生してました。診断はクローン病です。厚生労働省の指定難病です。
 クローン病は口から大腸までの消化器官全域で肉芽性の炎症を引き起こし、腹痛や吐き気などの症状が出る病気です。原因は不明で、根治のための方法も確立されておらず、食事制限や薬物療法によるコントロールが現状です。場合によっては腸の潰瘍や狭窄があるため、腸の一部もしくは全てを切除する可能性もあるそうです。幸い、今のところ確認されている症状は肛門病変による複雑痔瘻のみなので、厳しい食事制限はありませんが、食事、特に油に関しては気を付けないといつ外科的処置が必要になるか分からないという状況です。

 病気は怖いです。病気の痛みや症状に対しての恐怖感などもありますが、最も恐ろしいのは”人生の主体を取って代わられる”この点にあると自分は思います。病気が発覚したことにより、検査や治療に持っていかれる『時間』はもちろんのこと、普段の生活でも食事に気を付けるレベルを他の人の数倍に引き上げ、食品によっては通常よりも高い値段で購入せねばならないなどの『脳のリソース』や『金銭』も病気によって奪われていきます。また、この奪う対象は患者のみならず、家族や友人、職場などの周囲の人々にも波及するためタチが悪い。理解のある方ならいいのですが、無理解な方であれば共に生きていくのも難しく、『人』までも奪っていく。これが病気の怖さであると自分は思います。

 やっぱり健康大事一番。もう健康と言える状態になることもないんだろうけど。

葛西臨海水族園 性別について

 14日にナイトアクアリウムを開催している葛西臨海水族園に行ってきました。

f:id:goryatokin:20180815175731j:plain

 無修正でこの青空。すっごい風。さすが臨海部。


 ぐるっと展示見て回ったんですけれど、お盆だから小学生が多いですね。低学年くらいの子たちは飼育員さんの解説にその都度「おぉー」とか「へぇー」ってリアクションを取っていて、飼育員さんも話しやすそうでした。そういうのは大学生も見習いたい部分です。

 

 興味深かったのは“ブルーヘッド”と“ペインテッド コンバー”の展示ですね。どちらも性に対して独特な特性を持つ魚です。
ブルーヘッドは水槽内にいたオスがいなくなるとメスがオスへと性転換します。
ペインテッド コンバーは一匹が卵巣と精巣を持ち、つがいがオスとメスを交互に交代しながら放卵と放精を行って繁殖をします。
こういう性転換や両性を持つ生物の性染色体や性決定のプロセス、そもそもオスとメスの違いが気になったので自分なりに調べてみました。ぶっちゃけここからはメモのような感覚なので、正確である保証はないです。誤りとかは発見し次第訂正していきます。

 

 オスは雄性生殖器と呼ばれるオスの生殖器官(精巣と輸精管)を持つ個体、メスは雌性生殖器と呼ばれるメスの生殖器(卵巣と輸卵管)を持つ個体である。一般に、哺乳類は雄性生殖器と雌性生殖器を同時に持つ個体は通常存在しない。このような種を雌雄異体と呼び、反対に一個体に生殖器官を持つ種を雌雄同体と言う。植物の場合は雌雄同株、雌雄異株と呼ぶ。
 生殖細胞のうち、接合することで新しい個体を作るものを配偶子呼び、大きいほうを雌性、小さいほうを雄性と呼ぶ。
 オス→精巣と輸精管を持つ。配偶子が小さい。
 メス→卵巣と輸卵管を持つ。配偶子が大きい。

 

 性染色体にはXY型とZW型の2つのパターンがあり、XY型ではX染色体を2本持つXXがメス、X染色体とY染色体を1本ずつ持つXYがオスとなる。哺乳類や多くの昆虫はXY型である。ZW型はZWがメス、ZZがオスとなる。鳥類の多くがZW型である。両生類、爬虫類、魚類は種によってXY型やZW型であったり、性染色体がない種も多い。
 哺乳類の場合→XYがオス、XXがメス
 鳥類の場合 →ZZがオス、ZWがメス
 両生類、爬虫類、魚類→種によって異なる。

 

 脊椎動物の性別を決定する方式には3種類ある。
・単一の性決定遺伝によって性別が決定する ヒトなど
ヒトはSRYと呼ばれる遺伝子によって性染色体のXYの組み合わせが決定される
・環境により性を決定されるシステムを持つ種 カメなど
カメなどは卵の温度によって生まれてくる性別が決定される
・多くの性決定遺伝子によって性別が決定する

 ということでした。ペインテッド コンバーは雌雄同体って認識でいいんでしょうか。

 

 

 一応専攻は心理なので生物学にそこまで詳しいわけではないのですが、魚類もなかなか興味深かったです。葛西臨海水族園は都営なので入館料700円と安いですが、インスタ映えとか狙うなら他の水族館のほうがいいです。都はもっと予算増やせ。

f:id:goryatokin:20180815175802j:plain

ファインスポッテッド ジョーフィッシュ①

 写真は全然動かずに面白い顔をしていたファインスポッテッド ジョーフィッシュ。

iCloudやiTunesをダウンロードする方法

 MicrosoftのOne Driveがいっぱいになってしまいました。以前にもiPhoneの容量が足りず、iCloudを月額130円で50GBにアップさせているので、それをPCでも利用できないかと考えたのですが、iCloud for Windowsをインストールしようとすると何度もエラーが出てきてしまい、にっちもさっちもいかない状況に……。

 

 症状としては、ダウンロードした更新プログラムを実行しようとすると、
このWindowsインストーラパッケージには問題があります。このインストールを完了するのに必要なプログラムを実行できませんでした。サポート担当者またはパッケージのベンダに問い合わせてください。

f:id:goryatokin:20180729022937j:plain

 というエラーメッセージが表示されてインストールがキャンセルされてしまいました。

 

 対処方法を検索した結果、コントロールパネルからプログラムのアンインストールを開き、一覧の中から、

  1. iTunes
  2. Apple Software Update
  3. Apple Mobile Device Support
  4. Bonjour
  5. Apple Application Support(32bit→64bit)

 5つのプログラムを1から5の順番で削除した後に再インストールという方法が出てきました。

 

 

 

……が、削除できない。

 具体的には、2. Apple Software Updateをアンインストールしようとすると、上と同じエラーメッセージが表示されて削除ができない。ので、先に3~5を削除してみました。3以降はすぐに削除でき、2のみが残った状態に……。とりあえずどうしようもないので、アンインストールではなく、修復をしてみました。すると削除可能に。多分これが更新プログラムを受け付けなかった原因だったと推察。

 この後Apple公式サイトからiCloud for Windows(とさっき削除したiTunes)をダウンロードしてインストール。スルッとインストールされました。

 

 

 思い返せば、前のPCでもiTunesをアップデートする際にも同じエラーが出ていたなぁと……。こういうのは忘れないようにブログに書き起こしておきます。

 

 ちなみに、iCloudWindowsのデータのバックアップを取ることはできませんでした。基本的にiCloudMac, iPhone, iPad, iPodのみを対象としているようで、One DriveのようにWindowsで編集された文書ファイルや、ドライブ上のデータを読み込んで勝手にバックアップは取ってくれません。今後の方針としては、iCloudは解約してOne Driveに課金、携帯の写真やアプリデータはiPhone用One Driveで上手くやりくりしていこうと思います。